座高って大事?身長を高く見せる為、必要な数値なのでしょうか?

バレーボールやバスケットボールをするやつにとって、身長はとても大事な要素です。共々、激しくジャンプすることが求められる作用なので、無論ジャンプ威力も必要です。
いまいち忘れてはいけないのが、指数量だ。高いところでボールを手にすることが、娯楽をすごく左右します。
スポーツをする上で、身長やジャンプ力を伸ばそうとするやつはたくさんいますが、指数量を引き伸ばすという話は、決して聞いたことがありません。指数量は努力して引き伸ばすものではないのでしょうか。また、身長と関係があるのでしょうか。
座高が高い人は身長があまり高く見えないといわれる常識の根拠は?

一般的には、身長が良いと、指数量も大きな枚数を示します。
身長が良いやつは、全身の骨1本1本が長いケースがほとんどです。一方、身長が低やつは、骨が少ないケースがほとんどです。そのため、身長が指数量にも反映されるということが出来ます。
身長は、改善期を山場に伸びていきます。こういう時、骨と骨の隙間に起こる骨末端線が増加することで、骨が作られます。つまり、身長が伸びるために必要な骨末端線も、ゲンコツや指が伸びるために必要な骨末端線も、同じように成長するのです。

 

但し、改善期が過ぎてから指数量を高くすることも、断じて可。改善期という骨の改善は望めませんが、硬くなった関節を柔らかくすることで、崩れのない体を取り返すことが出来ます。また、関節が柔らかくなることで、激しく動かすことが出来るようになります。

真面目な体型で調査すれば、歪んだ体型で計測した指数量よりも高くなるということなのです。

 

努力すれば、必ずや指数量を高くすることが出来るというわけではありません。但し、スポーツをする上でも真面目な体型は重要になるので、見直すことは無駄にはなりません。
仮に、あなたが誇りにおもう作用で、更に勝ち進みたいと願っているなら、肩や肩甲骨を中心に、全身の関節に崩れがないかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

併せて読みたい記事
お子様の背の高さでお悩みの方にお勧め
→プラステンアップの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

プラス10アップの詳細について

TOPへ